毛穴汚れを落とそう|肌トラブルを予防する!

金髪の女性

角栓ができないようにする

レディー

化粧をつけすぎない

毛穴の汚れが目立つと、化粧を濃くつけてしまう人が多くいます。しかし化粧は皮膚とくっつきやすいもので、あまりに濃くつけすぎると角栓ができやすくなるといわれています。角栓とは、皮膚のはがれた古い角質が毛穴の中に詰まってふさぐかのように固まってしまった汚れの塊を言います。角栓ができてしまうとなかなか洗顔では落としにくくなり、スキンケアをしてもその成分の浸透性を悪くさせてしまいます。毛穴の汚れが目立ってファンデーションを濃くつけて隠してしまおうとすると、余計に汚れをためてしまうやり方です。まずは毛穴の汚れを取り除くことを主に行ない、肌をきれいにさせていくことが大事です。肌がきれいになると化粧のノリも良くなります。

汚れが入る特徴

毛穴は大きくさせずに、閉じて汚れが入りにくくなるよう小さくさせることが必要です。毛穴の汚れを取り除いたからといって、すぐに穴の大きさが縮まるわけではありません。汚れを取り除いた後、安心してそのまま放置すると毛穴の大きさはそのまま開いているのですぐに汚れが入ってしまいます。汚れを取った後は化粧水をたっぷりつけ、その後保湿クリームまたは乳液で水分が逃げないよう、毛穴をふさぐようにしっかりと肌につけていくことが必要です。それだけでもまだ開いている状態です。毛穴の大きさを縮めるためには、普段から発汗できることを行なうことです。体を動かして汗をかくことで毛穴が開いて、それ以外は閉じるという機能を活かすようになり、汚れが入りにくくなります。